ブログを読んでくださってありがとうございます爆笑

 

シャトー家の観察絵日記に出てくる家族の紹介はこちらです→ 家族紹介

 

 

 

今日のブログです

 

今までの息子の體重管理の振り返りです。

 

要はカロリー過多にならない栄養バランスの取れた食事を準備してあげればいいんですが、私にはその才能がなくてタラー

 

私が40歳過ぎたあたりから揚げ物続くと嫌だな???となってきましたが、それまでは私自身も揚げ物が続いても平気な胃腸だったので余計に息子にも高カロリーになりがちでした。

(そしてだから私も體脂肪率が高いんだ!)

 

息子が歩き出してからは特に、外に出てる時間が長くて、ご飯に時間をかけることができなくなってお惣菜やら生協の下処理済みのお肉やら調理済みの冷凍食品(焼くだけ?揚げるだけ)の率が高くなってたのがまた良くなかった。

 

息子の食いつきがいいと、私も嬉しいからおかわりとかあげがちになっちゃったり。

 

でも、最近思うのがこれ↓

決して大食いなわけではなくて、それなりの量でも満足してるんですよね。

 

それもあって最近はある程度のご飯とデザートを提供して言い聞かせれば納得してくれます。

 

 

 

それ以外に以前から下差し食事量コントロールとして取り入れてたこと

 

お弁當は家で食べるよりも野菜が不足しがちなのが気になるけど、家でサラダとか出しても基本的に食べるし、お晝ご飯の一食くらいいいか、と開き直ってます。

 

 

 

まとまりのない、単なる息子の體重管理の話でしたアセアセ

 

これからも體重管理は必要だとは思いますが、昔に比べるとかなり楽になったので記録として書いてみました。

 

 

 

 


 

下差し食が細い子の親と、體重管理の差を感じた會話

 

食が細い子の親はなんとか食べて欲しくてケーキとかあげてて、あげてない私がまるで「子どもの食事をものすごく気をつけてる人」みたいに見えそうで、そんなんじゃないのー!って思ってました。

あげたら大人が食べるケーキ1個獨り占めとかしちゃうからカロリーオーバーになってしまうっていうだけでした。

 

もう今は大人と同じケーキあげてます。

私がケーキ1個は多く感じてしまうようになってきたので、2人でケーキを半分こすることが多い。

 


 

最近ふるさと納稅でみる夫が取り寄せてた下差し

みる夫大絶賛でした。

私には…ちょっと甘みが強かったかな。

私は、もう少し甘さ控え目の方が素樸な栗感を感じれて嬉しい

 


今日も読んでくださった皆様、ありがとうございます。

「いいね」?コメント?フォロワー登録、ブログを書く勵みになってます。

 


アメンバーについて

アメンバー申請前にまず自己紹介等兼ねたメッセージをください

→ ☆メッセージはこちら☆

申し訳ございませんが、事前メッセージがない場合は承認し兼ねます。

よろしくお願い致します。

アメンバー條件 → 一読願います